創業、享保三年。
京の地で数多の著名人に愛されながら三〇〇年。

ちもとを鴨川から眺める

華やかさのなかにも、おくゆかしさを兼ねそなえる街・京都。
ちもとは1718年(享保3年)に創業し、以来約300年の間、
ここ京都の地で料理屋を営んでまいりました。

四条大橋西詰。傍らに鴨川が流れ、
部屋からは東山が望めるという好立地。
京情緒を色濃く残した木造3階建ての表玄関をくぐれば、
本格数寄屋造の空間がお客さまをお迎えいたします。

創業当時より和装業界をはじめとする地元の方々や、
竹内栖鳳先生や堂本印象先生といった画家・文化人、
そして歌舞伎役者衆など、
時代を代表する著名人に愛されてまいりました。
なかでも泉鏡花先生に於いては、
ちもとを小説「祇園物語」の舞台に取り上げていただくなど、
ひときわご愛着を寄せていただきました。

四季折々の旬の素材や京野菜を用い、
季節を描いて御膳をはんなり彩るちもとの京料理。
文人墨客に愛されたこの空間で、
鴨川を眺めながらどうぞごゆるりとご賞味ください。

お花

ページトップへ戻る

「ちもと」の由来と、桜

ちもとに縁の深い桜

創業時、ちもとは西陣の千本通にて産声をあげました。
現在の地には明治初期に移転。
その際、ちもとの原点である「千本通」から
「ちもと」(千茂登)と名付けました。
謡曲「嵐山」の「み吉野の千本のはなの種植えて」、
さらには歌舞伎「義経千本桜」にあやかって
桜と鼓をちもとのテーマモチーフに
させて頂いております。

ページトップへ戻る